船井総研フードビジネスグループ歴6年チームリーダー石本が飲食コンサルタントの
1 時流適合
中長期的に持続性のあるトレンドを私達は「時流」と呼び、「流行」とは区別しています。
短期的な流行に乗ると事業の盛衰は激しくなります。
会社の業績を中長期的に伸ばすコツは「時流に適合する」ことです。
2 原理原則の踏襲
持続性のある繁盛を築くためには繁盛の「原理原則」を守ることが大切です。
「熱いものはより熱く、冷たいものはより冷たく」
「厚みやボリューム感などによるお値打ち感づくり」
「色彩感の演出」「明るく目立つ看板づくり」「選べる楽しさ演出」などなど
繁盛するための原理原則を業態コンセプトの設計に盛り込むことが長く繁盛するためのコツです。
3 力相応一番主義
お客様は「一番」に集まります。
自分達はどのマーケットにおいて何でどのようにして「一番」になるのかを定めることが重要です。
4 長所伸展法
業績アップのコツは「ツイてる」ものを伸ばすことです。
自社ならではの強み(長所)を作り、自社ならではの強み(長所)を伸ばすことが
業績アップにつながります。
4 豊富な現場事例(現場主義)
私達は「外食マーケット」に専門特化してコンサルティング活動に従事しています。
日々全国のクライアント様の現場で生まれる生の成功事例や失敗事例に向き合っているため、
豊富な現場事例がドンドン蓄積されていきます。
また、私達は繁盛店調査を大切にしております。
日々刻々と変化する現場最前線の生の変化(繁盛ルール)を把握しながら、
クライアント様へ提案しております。
これからも私達は現場主義を大切にコンサルティング活動に従事していきます。
わたしたちは、これらをモットーに日本全国の飲食店を応援しています!
飲食店店長経験者 飲食店SV経験者 飲食店未経験者
飲食店の店長として、人材育成、調理指導、接客指導を経験したことのある人。もっと多くのお客様に喜んで貰いたいと思っている人。 多店舗経営をしている企業、チェーン展開している企業で店長を経験し、その後複数店舗の管理を経験した人。数値管理、部下マネジメント(採用・評価)経験者。 飲食業界の勤務経験がなくても大丈夫。未経験者も多数在籍しています。人材会社、商社の営業担当者など、特に人材ビジネスに興味のある方、積極的にご応募下さい!
飲食店元店長の方用エントリーフォーム 飲食店元SVの方用エントリーフォーム 飲食店未経験の方用エントリーフォーム
船井総合研究所フードビジネスチーム 新卒採用情報はこちらから
キャリアパス
新卒
モデル
中途
モデル
目安役職 育成ビジョン
入社
1年目
入社
1年目
一般社員 ・まずは上司・先輩のコンサルティング同行支援や社内での教育を通じて、
 「船井流」の基本をしっかりと体得していただきます。
・他には飲食コンサルタントとしての具体的なノウハウも
 並行して教わっていきます。
入社
2年目
・飲食グループ内での様々なプロジェクトへ積極的に参画することで
 「応用力」を身につけていただきます。
・それと同時に、商品開発→商品企画→仕掛け→提案→営業という
 受注に向けたアプローチのノウハウも学んでいきます。
入社
3年目
入社
2年目
アシスタント
コンサルタント
・翌年度のチームリーダー昇格を目指し、
 部下育成やチームマネジメントに関する教育を実施します。
入社
4年目
入社
3年目
主任(経営
コンサルタント)
・入社後3年間で培ったノウハウを活用して、コンサルティング案件の
 受注を増やし、チームリーダーへの昇格を目指していただきます。
入社
5年目
入社
4年目
チームリーダー ・開発した新しいテーマの経営セミナーを開催し、
 チームメンバーの受注をフォローする役割を担っていただきます。
・チームメンバーがコンサルタントとして一人立ちしていけるよう、
 育成していただきます。

こちらのキャリアパスは、あくまで一般的なキャリアプランです。
キャリア採用の方はご自身のこれまでの経験や独自ノウハウと船井流をミックスする事で、3年以内にチームリーダーに昇格しているメンバーもいます。

<<<飲食業界に
 影響を与える人間になりませんか?
飲食業界経験者が、今、船井総研でコンサルタントとして多数活躍しています。

船井総研のコンサルティングは、経営戦略から現場改善、人材育成までワンストップで行うため、船井総研では現場経験の豊富な方を求めています。

あなたの飲食業の経験を活かしながら、飲食企業の業績アップをサポートしませんか?
コンサルタントの支援風景の映像もあわせて、コンサルタント業の現場感を感じてみてください!
船井総研飲食グループに応募される方に
知ってほしいこと>>>
船井総研フードビジネスグループに所属し、飲食店を日々支援する現役コンサルタント、立川・石本・三ツ井の3人の座談会です。

なぜ転職先として船井総研を選んだのか?転職前の船井総研のイメージはどうだったのか?船井総研が求める人物像とは?コンサルタントになった後、家族との時間は持てているのか?

普段聞けないコンサルタントの実態と、応募を検討中の皆様へのメッセージを公開中です!
キャリア採用メンバー紹介
自身のコンサルティングテーマを確立させる
2015年で42歳になります。36歳で転職しましたので丸6年が経ち、7年目に入りました。
入社当時はコンサルティングテーマである「マネジメント」の深堀りが主な仕事でした。現場経験を最大限活かした「店長研修」「現場店長会議の活性化による業績アップ」「数値分析による即時コスト削減法」で仕事を頂ける様になりました。自身のコンサルティングテーマがしっかりしてくると、役職も上がり時間の使い方も決められるようになりました。昨今良く耳にするワークライフバランスも取れ、子供との時間もしっかり取れてます。
店舗営業以上に飲食店に密着
飲食店の現場からコンサルティング??と、転職を考えている当時は思っていました。現場で料理を作ったり、接客したり店舗営業に従事する楽しさ以上に「飲食店経営」に携わることの方が数倍ワクワクしています。
皆さんも是非このワクワク感を共有しませんか?ご応募お待ちしてます!
2009年2月中途入社、前職が飲食業界に従事していた為、迷わず飲食業界のコンサルティングチームに所属する。前職は全国で多ブランド展開をしている年商300億以上の上場企業の関西地区の営業部長として店舗運営管理、人材開発管理に携わった。船井総研入社後は飲食中小企業の組織づくり、人材開発(採用、評価、研修)など、マネジメント中心のコンサルティングをしている。
入社3年目でチームリーダー、現在はチーフ経営コンサルタント。
頭と体ををフル回転させる職場
転職前はコンサルタントという仕事に、カッコイイであるとか能力が向上できる!といったイメージしか持っていませんでした。
しかし船井総研入社3年までは、船井流といわれるコンサルティングノウハウに目からウロコ状態で、食い入るように学んだことを覚えています。入社3年までは、恐らく一番、体と頭をフル回転させていました。顧問先の経営者の方々からも沢山学ぶことができました(今も13年前にお付き合いした経営者とお付き合いしています!)
現在では、新しい経営者との出会いに加え、後輩コンサルタント育成や業績を上げなければならないという使命感を持って、毎日全国を駆け巡っています。仕事とプライベートの両立をテーマに楽しく過ごしています。
今の自分の可能性を導き出してくれる環境があります
人生は1回です。私も前職から中途入社した人間です。当時のことを思い返すと、今はまったく後悔していません。前職にも感謝していますし、自分らしさがだせた船井総研にも感謝しています。間違いなく言えることとして、今の仕事が嫌だから…今の環境から抜け出したいから…といったことでは船井総研で大成はしません。今の自分の可能性を導き出してくれるのが船井総研でありますし、その環境はあります
そんな私自身も、船井総研に入社し、まったく新しい自分も発見できましたし、気づけば評価もよくしていただけます。年収といった判断基準もありますが、数字は追うものではなく、必ずついてくるものです。皆様にとって船井総研は皆様の可能性を引き出してくれる会社であることは間違いありません。是非、我々の仲間となって頂き、混迷する飲食業界の社会的地位向上と、業界全体の反映のために力をお貸しいただければ幸いです!よろしくお願いします!
2001年3月中途入社、入社後は一貫して飲食業界のコンサルティングに従事。今年で14年目を迎える。前職では某大手百貨店に勤務。主に外商部門を担当し、お客様と直接商談するスキル、行動計画などを学ぶ。
船井総研入社後3年目で主任、4年目でチームリーダー。現在は、シニア経営コンサルタントとして、飲食グループ内でも中核を担う。
料理人志望から飲食業界を経てコンサルタントへ
2011年10月に入社し、4年目になります。
私は元々料理人志望でしたが、大学を卒業後、飲食業界に新卒で入社しました。
そこで店長やスーパーバイザーなど管理職を経験させてもらったことをきっかけに、 経営やマネジメントに興味を持つようになりました。
船井総研入社後は、不慣れなパソコンと格闘の日々でしたが、今では肌身離さずフル活用しています。
経営者の右腕として経営に携わる
志の高いメンバーと一緒に仕事をするのはとても刺激になります。
クライアントの経営者の右腕として経営に携わる仕事は他と比較にならないほど充実しています。
仕事にやりがいを求める人は是非一緒に働きましょう。
大学を卒業後、新卒で飲食業界に入社。
前職の和食チェーンでは調理人として勤務した後、店長、スーパーバイザーなどの管理職を経験し、船井総合研究所フードビジネスグループに入社。
現場での経験を生かしながら、和食業態を中心に日々コンサルティング活動を行う。
中小企業を「ドロ臭く」サポートできる仕事
船井総研に入社して思うこと。それは「船井総研に入って本当によかった」ということです。理由は2点。
1点目は中小企業の経営者に対し、ドロ臭く、人間味にあふれたサポートができるためです。2点目は、驚くほど「使命感」「成長欲求」にあふれた船井総研のメンバーとともにいることで自身も成長できるためです。
日本の約99%が中小企業です。企業のライフサイクルを考えても中小企業が成長していくことが欠かせません。その中小企業の核となる部分のサポートをドロ臭くできるのが船井総研の環境です。その中でも、人間の生活に欠かせない「衣食住」の「食」の業界に関われる。自分の影響度合いも高く、非常に楽しくやりがいに溢れています。
2年迷った結果の転職を経て
「夢は逃げない。逃げるのは自分だ!」 私が転職を決めた時の言葉です。
今は転職後のイメージが具体的には沸かないかもしれません。その分迷いもあるかもしれません。
「もっと成長したい」「自由な環境で自分を試したい」「経営のサポート・・・興味がある」という方にはピッタリの環境です。「今の人間関係が・・・」「今の会社のここがダメなんだ・・・」と後ろ向きな気持ちの方には向きません。どの環境に行っても最終的には「己次第」なためです。どの環境に自分自身の身を置くのかも「己次第」。
私は前職の会社も大好きでしたし、子供もおりましたので、転職を考えてから約2年本当に迷いに迷いました。ただ、自分がやりたいことの実現しやすい環境、成長スピードがもっと高そうな環境に身を置く事を決意しました。勇気をもって飛び込んできてください!そして、フードビジネス業界の中小企業の活性化と自己成長を一緒に実現していきましょう!
2011年11月末に中途入社。入社後はフードビジネス業界の人的資源(採用・教育・評価賃金)と組織づくりを専門分野に活動中。前職では研修会社に勤務。主に大手企業向けの営業、企画、運営と管理者として自社のマネジメントを行う。
2015年4月に主任へ昇級。現在4年目。
「自分でどうにかする」仕事から、「顧客志向」の仕事へ
船井総研に入る前は飲食チェーンのラーメン事業部で管理職をしていました。主にラーメンの商品開発、リニューアルなどを担当しており、自分の開発した商品で売上が上がった時は嬉しさも大きかったです。
船井総研入社後は、「コンサルティング」という職に四苦八苦しました。事業会社のころのように「自分でどうにかする」のではなく、経営者や現場の方に納得感を持って施策を進めていただかなければならず、そのギャップに苦労しました。
まだまだ毎日試行錯誤の連続ですが、自分の提案で店舗・会社の売上が上がった時に、経営者の方から「樋口さん、売上が上がりましたよ!」と言われたときは、「船井総研に転職してよかった」と本気で思える瞬間です。苦しいからこそ、喜びも大きいです。
チャンスは驚くほど平等にある
船井総研入社当社当時は、飲食の現場を知っているが故に自分の固定概念や成功体験が邪魔をしてしまい、うまくいきませんでした。正直コテンパンにやられました。そこで、先輩社員(=ほとんどが年下ですが・・・)に頭を下げて、コンサルタントとしての基本を教えてもらってから、少しずつうまくいくようになってきました。
もし、今の職場に物足りなさを感じて、悶々としながら自分はまだまだやれると感じているのなら船井総研という会社をすこし覗いてみてはいかかですか?チャンスは驚くほど平等にあります。
2014年入社2年目。
前職は某大手飲食チェーン店のラーメン事業部の管理職を勤めていました。
前職の経験を生かして入社後は主にラーメン店のご支援をしています。
飲食店元店長の方用エントリーフォーム 飲食店元SVの方用エントリーフォーム 飲食店未経験の方用エントリーフォーム
船井総合研究所フードビジネスチーム 新卒採用情報はこちらから
募集要項
募集職種
経営コンサルタント職
【採用を予定している分野/部門】
現在、積極採用を実施している部門の一例です。
ご希望の業種・分野がない方でもご遠慮なくご応募ください。
飲食/住宅・不動産/ファッション・雑貨・アパレル/美容・理容/パチンコ/自動車/広告・印刷/通販/士業(弁護士・会計士・税理士など)/シニアビジネス/製造業/ロジスティクス/環境ビジネス …etc
給与

月給22万円以上
※規定により決定

<年収例>
813万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目
1029万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目

福利厚生

昇給年1回/賞与年2回/交通費支給(月5万円迄)/各種手当/社保完備/従業員持株会/企業年金/育児休業制度

休日休暇

完全週休2日制(土日) 、年末年始休暇 、リフレッシュ休暇 、慶弔休暇 、有給休暇 等

職務内容

お客様は約9割が中小企業。経営者の方々から、いかにコンサルタント自身の価値を見出していただき、会社の経営支援を任せていただけるかが重要になります。

これまでの仕事で培ってこられた自分自身の強みと船井流のコンサルティングノウハウを活用しながら、経営に関するアドバイスを行っていただきます。また、改善案の提案だけにとどまらず、実際に現場に入り、改善策を実践・定着させるところまでを追求していきます。

所属組織

多種多様な業界・業種・業態にわたって、100分野6000社以上の実績がある当社では、各チーム毎に専門領域を持ってコンサルティングを手がけています。

希望があれば、チームの専門領域に縛られずに、成長の機会を求めて、幅広い領域のコンサルティングを掛け持ちすることも可能。自分が興味を持っている分野のコンサルティングを手がけ、伸ばしたいスキルを磨くことができます。

将来の
キャリアパス

どこに出ても通用するだけの確かな実力が身に付くことはもちろん、これまでのコンサルティング実績を元に、将来は講演会の開催や書籍の出版などを通して、活動範囲をより一層広げていくことができます。

採用の流れ

書類選考後、一次~三次面接を行い、内定となります。
※通常、内定まで1ヶ月ほどを想定しています

よくあるご質問
Q: 応募するには、どのような方法がありますか?
A: ご応募は全て、弊社キャリア採用情報ホームページ上から受け付けております。
申し訳ございませんが、電話・郵便・FAXからの応募には対応いたしておりません。ご了承ください。
Q:(経営コンサルタントとして)未経験者なのですが…
A:これまでのご自身の経験をもとに、今後のキャリアビジョンの中にコンサルタントになりたいという覚悟があれば、未経験でも問題ありません。弊社には未経験でも、経営コンサルタントになっている者が多く在籍しております。
Q:入社前に何かできることはありますか?
A:船井総研に関する本は多く出版しております。その他、コンサルタントブログなどWEB上でも多数情報を出しておりますのでご興味ありましたら、一度目を通していただけたらと思います。
Q:選考までにかかる日数はどのくらいですか?
A: ご応募いただいてから内定までに、書類選考⇒一次選考⇒二次選考⇒三次選考⇒内定 という選考プロセスを経由していただき、1ヶ月前後を目処に選考を進めております。選考の日程などで内定までにお時間がかかる場合もございますので、その旨ご了承ください。
Q:勤務地が遠隔のため、WEBカメラにて面接を行いたいのですが可能ですか?
A:基本的には対面による面接となっております。しかし、やむを得ない都合がありましたら対応いたしますので、エントリー後にご相談ください。
お問い合わせ先

その他、何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【担当】
株式会社船井総合研究所 人財開発本部 キャリア採用チーム
TEL:03-6212-2929 / 06-6232-0191
E-mail : recruit-t@funaisoken.co.jp

業界領域

現在、約100チームが存在しており、業種・業態・テーマ別に組織化されています。(下記はその一部)

環境ビジネス分野

環境ビジネス分野
  • 食品リサイクル事業関連
  • アスベスト対策事業関連
  • 産業廃棄物事業関連
  • ダイオキシン安定化除去事業関連
  • など

住宅・不動産分野

住宅・不動産分野
  • 不動産仲介事業関連
  • 不動産管理事業関連
  • 新築住宅事業関連
  • 住宅リフォーム事業関連
  • など

アパレル分野

アパレル分野
  • アパレル製造関連
  • アパレル小売関連
  • など

レジャー施設分野

レジャー施設分野
  • アミューズメント関連
  • 商業施設開発関連
  • 温浴事業関連
  • パチンコ産業関連
  • など

観光・旅行分野

観光・旅行分野
  • ホテル事業関連
  • 旅館事業関連
  • 観光産業関連
  • 地域・産業振興関連
  • など

ファッション(ショップ)関連

ファッション(ショップ)関連
  • 古着ショップ関連
  • セレクトショップ関連
  • 呉服・きもの販売事業関連
  • など

美容分野

美容分野
  • ヘアサロン事業関連
  • エステサロン事業関連
  • ブライダル事業関連
  • など

医療分野

医療分野
  • 歯科医院事業関連
  • 動物病院事業関連
  • 耳鼻咽喉科医院関連
  • 産婦人科医院関連
  • など

生活・雑貨分野

生活・雑貨分野
  • 鞄・バッグ産業関連
  • 家具・インテリア産業関連
  • 時計・メガネ産業関連
  • 宝石・ジュエリー産業関連
  • など

食品分野

食品分野
  • 食品製造業関連
  • 食品小売業関連
  • など

介護分野

介護分野
  • 施設介護産業関連
  • 在宅介護産業関連
  • など

飲食・外食分野

飲食・外食分野
  • 居酒屋関連
  • 洋食・和食事業関連
  • ベーカリー・洋菓子関連
  • 和食・寿司・割烹関連
  • など

スクールビジネス分野

スクールビジネス分野
  • 各種学校関連
  • 学習塾事業関連
  • 各種スクール事業関連
  • など

オートビジネス分野

オートビジネス分野
  • カーディーラー産業関連
  • 中古車販売事業関連
  • アフターパーツ事業関連
  • など

その他(事業分野)

その他(事業分野)
  • 金融産業関連
  • ロジスティック事業関連
  • 戦略構築分野
  • など
飲食店元店長の方用エントリーフォーム 飲食店元SVの方用エントリーフォーム 飲食店未経験の方用エントリーフォーム
船井総合研究所フードビジネスチーム 新卒採用情報はこちらから