社員インタビュー

自分の価値を高められる会社

2004年入社。執行役員。上席コンサルタント。医療、介護、教育、保育、福祉、弁護士等、公的分野の経営コンサルティングをライフワークにする。

出口 恭平

KYOHEI DEGUCHI



新卒でコンサルティング会社に入社し、約5年間在籍しました。業種としては製造業、卸売業、住宅関係のコンサルが多かったですね。ところが、その会社が「コンサルティングよりも、実業に力を入れる」という経営方針になりまして、「これはちょっと違うな……」ということで、船井総研に転職しました。

 

実は、私は学生時代から船井総研のことは知っていたのですが、採用説明会の日程を間違えて、受けられなかったという……。縁が無かったのかなぁと思っていたら、5年後に中途採用を募集していることを知りまして、やっぱりこれも何かの縁かな、と今は思っています。

deguchi_012004年に船井総研に入社し、1年ぐらい、今は上海の総経理をされている中野さんのチームで大手企業向けのコンサルティングをやらせてもらいました。今思うと非常に良くないのですが、前職もコンサルだったために、仕事のやり方が前職を引きずってしまっていたと思います。

 

翌年から「これはまずいな」と思いまして、船井総研に入ったからには、船井総研らしいことをやろうと思い直して、色々な先輩にお願いして仕事に入れてもらい、いわゆる船井流のコンサルティングを徹底的にやることにしました。

 

それでも飽き足らず、船井総研に入ったからにはもっとも船井総研らしい業種特化型コンサルをやりたいと思い、新しい業種のコンサルを立ち上げました。それが法律事務所(弁護士)のコンサルティングです。当時、日本には法律事務所のコンサルティングをやっている人は1人もいなくて、2005年の5月に最初の「法律事務所経営セミナー」を開催したのですが、いきなり第一人者になってしまいました(笑)。

 

弁護士のコンサルティングを始めて、最初は「殿様商売」をいかに「サービス業」にしていくか、ということを考えました。しかし、やっぱり、弁護士というのは民業ではあるけれども、公的な側面も強く持っている。だから、「サービス業」ではあるけれども、単に利益を追求するようなコンサルティングとは違う、ということはすぐに気が付きました。プロフェッショナルとして、世の中に役に立つ解決策を提供することが主眼で、結果として、収支も成り立つような事務所づくりのコンサルティングが求められていると感じました。

 

現在は、医療・介護・福祉・教育支援部の責任者をしていますが、やはり、「社会性と収益性を両立する経営」を一貫したテーマとしています。綺麗事ではなく、「自分が何かあったら入院したい病院」「自分の親を預けられる施設」「自分の子供を預けたい保育園」と考えると、「収益性だけを追求すれば良い」ということにはなりません。

deguchi_03船井総研が凄いなと思ったのは、とにかく船井総研が好きな社員が多いこと。飲みに行っても、会社の愚痴とか上司の愚痴をいう人を見たことがありません。ひたすら、あの人は凄いとか、船井総研は凄いとか、そういう話をする。最初、気持ち悪いなぁと思いましたね(笑)。気持ち悪いぐらい良い会社だなぁ、と。それと、社員を大事にする会社、個人を凄く大事にする会社だと思います。


船井総研に入社して特に印象に残っている出来事は何ですか?
以前、高嶋さん(親会社である船井総研ホールディングスの代表取締役社長)に「こういうコンサルティングをやりたい」とお話をしたら、「いやぁ、それは幸せになれないと思うよ」と言われたことですね。「その分野の事業がうまくいくかどうか」という観点ではなく、社員が幸せになれるかどうか、という観点で話されていたのが凄く印象的でした。




その他の社員インタビューを見る