社員インタビュー

業界に一石を投じたい

■ 2006年10月1日入社(入社時29歳)
■ 現在:不動産支援部 不動産グループ チームリーダー チーフ経営コンサルタント
■ 前職:銀行業界(法人渉外)

内田 知哉

KAZUYA UCHIDA



転職を考えるようになったキッカケと、船井総研を選んだ理由を教えてください。
「転職のキッカケ」
金融機関の営業サポートでは限界を感じていたところに、取引先企業が経営コンサルタントを活用しており、企業経営に関わるには、経営コンサルタントになるしかないと考えたからです。

「船井総研を選んだ理由」
現場主義や中小企業を中心にしたコンサルティングスタイルが自分がイメージしているスタイルに最も近かったからです。
現在の仕事内容を教えてください。
「住宅購入相談所」の立ち上げサポートです。保険の来店型ショップのように、高単価で比較検討が難しい住宅に関して相談できるショップの必要性を感じています。
仕事を通じて得られる成長と、最も印象に残るやりがいエピソードを教えてください。
「得られる成長」
提供できるコンサルティングの質と幅を高めるために、より一層インプットの能力を高め、様々な事象にアンテナが張れるようになりました。

「やりがいエピソード」
新規事業立ち上げを主にサポートしているので、事業がスタートし最初の売上が上がった報告を聞いた時が、最も嬉しい瞬間です。
今後のビジョンについて教えてください。
住宅購入相談所の日本一の企業が集まる研究会を運営し、住宅購入相談所の日本一のコンサルタントとなって、住宅業界に一石を投じたいです。
入社を検討している方にメッセージをお願いします。船井総研とは、どんな職場ですか?
モチベーションが高いメンバーの中で自分自身も常に高い目標を持って働くことができます。自由度も高く、やりたいことをやり切ることができます。


「オフの過ごし方」と「お気に入り」を教えてください!

 

「オフの過ごし方」
キャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しみますが、最近は子どものために安全な場所で静かに過ごすことが多くなりました。

 

「私のお気に入り」
子育てです。まだ幼いの長男の成長を楽しみにしています。

k_uchida_2



その他の社員インタビューを見る