社員インタビュー

やりたいことしか思いつかない

2007年新卒入社。人材ビジネスグループ 人材ビジネスチーム チーフ経営コンサルタント。アパレル、大手向け戦略コンサル、食品通販、オートビジネスのコンサルティングを経験後、士業ビジネスコンサルティングに従事。現在に至る。

村田 泰子

YASUKO MURATA



私は新卒で船井総研に入社しました。きっかけは、大学内で開催されていた就職説明会で、大学OBで船井総研の社員が話をする機会があり、そこではじめてこの会社のことを知りました。コンサルティング会社というと、頭脳派集団、という印象があったのですが、船井総研は違いましたね。「アグレッシブに働く人には活躍できるチャンスがある会社」というのがそのとき受けた強烈な印象です。

 

実際に船井総研に入社した当時は上司・先輩たちにあまり役立てず、力不足を感じてもいましたが、今は「これで日本一になりたい」「業界にインパクトを与えられるような存在になりたい」と明確な目標を見出し、それに向けて仕事を楽しめています。「何をしようか」と迷っていた当時が不思議なくらい、今はやりたいことしか思いつかない感じですね(笑)。

 

私は性別も個性だと思っています。個性を長所としてとらえる社風が船井総研にはありますし、長所を活かして活躍できる会社です。女性だから、男性だからという垣根はありません。よく「コンサルティング会社では女性が活躍できない」という話を聞きますが、船井総研はそんなことはなく、女性のチームリーダーの数が実際に増えてきています。女性が活躍できる機会はむしろ増えて来ていると感じています。
murta_01
今は、Webマーケティングをコアメソッドとした新規顧客の獲得による業績アップ支援を得意としています。クライアントごとに異なる得意分野がある中で、いかに独自の強みを引き出して、その強みをどのようにプロデュースしていくかを心掛けてコンサルティングを行っています。

 

誠実に仕事に向き合い、お客様にはとことん親身に接し、上司や先輩からの信頼を勝ち取れば、希望するプロジェクトへのアサインや、やりたい仕事の実現などチャンスが拡がっていきます。社内は家族のような雰囲気。若手社員のコンサルティング依頼が決まったときは、チームみんなで喜んだり、たとえ自分のクライアントでなくても業績アップのために必死になって取り組んだりしています。

 

仕事柄、仲間と共有する時間は多くなります。だからこそ、コミュニケーションが働く上ではとても大事なことだと思っています。船井総研はスペシャリストの集合体ですが、会社のブランド力はやはり大きいですね。個人では絶対に会えないような方に会えたり、大手グローバル企業から講演を依頼されたり、個人としての力量が問われるコンサルタントであっても、船井総研に属しているからこそ得られるメリットは大きいと感じています。
murta_02
船井総研のコンサルタントはまさに業界の生き字引的な存在。常に最先端の情報やノウハウをキャッチアップして、自分が担当する領域については、誰よりも詳しい必要があります。それを日本全国の経営者の方々にコンサルティングを通じて伝播させ、業界をリードしていくのが使命です。挫折をしても「なにくそっ!」と思って、得たい未来を自ら切り拓いてきた経験がある方は船井総研に向いていると思います。


船井総研のコンサルタントの魅力とは何ですか?
みんなとにかく前向き、そして明るい! 様々な会社をコンサルティングを通して見ていますが、船井総研が一番。むしろそうでないと企業もコンサルティングを依頼しないと思います。
コンサルタントに必要なことは何ですか?
常に上を見続けること。今の自分に満足したり過信したりすると、どうしても視野が狭くなりコンサルティングの幅も拡がりません。船井総研には実績のある上席コンサルタントやさらに上の役職者にも気軽に相談できる文化があるので、積極的にアプローチして、常に自分よりも高いレベルの人たちと付き合うことが大事です。
女性にとって船井総研は働きやすいですか?
「私=○○」と言い切れるような柱を立てたい人には最高の環境だと思います。性別関係なく、仕事もチャンスもフェアに与えられる環境です。人生にスパイスが欲しい人には合っていると思います。
船井総研の女性コンサルタントに共通することは何ですか?
パワフルで明るい。どこからそんな力が出てくるのだろうと思います。船井総研とコンサルタントという仕事が好きなことが伝わってきます。
自分へのご褒美は?
ちょっと贅沢なサロンに行くこと!(笑)セミナーで講演した後の自分へのご褒美です。



その他の社員インタビューを見る