社員インタビュー

業界の第一人者だという自負

ITセキュリティグループ グループマネージャー シニア経営コンサルタント。大手通信会社にてIT関連の新規事業立ち上げチームのリーダーを経験した後、船井総研に入社。IT企業コンサルティングチームで即時業績アップのコンサルティングを行う。

斉藤 芳宜

YOSHINORI SAITO



前職は、大手通信会社に勤めていました。新卒で入社し、ネットワークエンジニアを1年半経験。その後、1年半法人営業を担当しました。私が配属された支店では、飽和状態となった既存のビジネスモデルから脱却し、新たに「ソリューションビジネス」を展開しようという動きが出ていました。コンサルティング機能を担うため、誰かがやらねばならい状態でした。そこで私が名乗りを挙げたのですが、コンサルタント経験はそれまで未経験でしたから、まずは中小企業診断士を取得することになりました。

 

中小企業診断士を受ける過程で、当時は三次実習という実地研修があり、擬似コンサルティングとしてヒアリングから報告書の作成、提案まで経営者を相手に行うことになりました。その時、ある中小企業の社長に報告したのですが、思いのほか、社長が喜んでくださいました。私の提案を受けて、直接目の前で喜ぶお客さんの姿を見て、「こういう仕事がしたい」と、中小企業向けの経営コンサルタントがしたいと思うようになりました。

 

30歳を目前にして転職を決意した私は、中小企業向けのコンサルティングを展開している、日本の経営コンサルタント会社に絞って転職活動を始めました。複数のコンサルティング会社を調べていく中で、船井総合研究所と出会います。その当時から船井総研のホームページには個人の各コンサルタントを前面に打ち出しており、輝いて見えました。他社には無い、個性を発揮している会社だと感じました。

 

入社後、最初に驚いたのは全くといって良いほど、太刀打ちできなかったことです。当時の私は、「自分は仕事ができる」というプライドがありました。前職でもそこそこ成果を出していましたし、仕事が嫌で転職したわけではありませんから、相当仕事ができる自信がありました。しかし、現実は厳しく仕事をこなすスピード感にもついていけなかったですし、仕事の量も圧倒的に多く、仕事の品質の高さにもついていけなかったです。もの凄く悔しい思いをしました。周りの人も、非常に優秀な人が多いと感じました。年下でも優秀な人がいて内心では本当に焦りました。

 

入社前の面接で、ある人に「キミは大企業の出身だから難しいかもね」と言われ、その時に私は「大丈夫です!」と答えましたが、その言葉の意味を入社してから徐々に実感しました。でも辞めようとは思いませんでした。前職を辞めるときに周囲の反対を押し切って入った手前、何としても続けてやろうと思っていました。

saito_02

入社後は、中古車販売会社向けのコンサルティングを行うオートビジネスチームへ配属となりました。私が入社した2004年当時は、業種立ち上げの動きがあり、日々の業務をこなす傍ら、私も自分で業種を立ち上げようと暗中模索の状態でした。

 

ある時、前職での経験があったIT関連のプロジェクトに参加し、それをきっかけに真剣に「IT業界」と向き合うことになりました。業界の市場規模が大きいにもかかわらず、当時はまだ社内に特化したコンサルタントがいなかったため、IT業向けの経営コンサルタントになることを決めました。入社して半年後にIT業向けのセミナーを開催してこれが大当たり。それから半年後にIT企業の経営研究会を立ち上げました(ITビジネス経営研究会)。
そして、入社して1年8ヶ月でリーダーを任されるようになりました(在籍するコンサルタントの中では最短でリーダーに就任)。最初は15社でスタートした経営研究会も今では92社に増えました。ITコンサルタントは世の中に多く存在していますが、IT企業向けの業績アップコンサルタントは日本で唯一だと思います。間違いなく業界の第一人者だという自負はあります。

saito_04

現在は、経営コンサルティング業務がメインですが、最近では講演の依頼も増えてきています。お客さまのところで、私が提案していることは大きく集客支援と営業支援の2つです。集客支援では、セミナーを企画して集客のお手伝いをします。営業支援では、営業の成約率アップのためにノウハウを提供します。コンサル先の会社は、月に約20社あり、お付き合い先でゲスト講師として講演も行います。最近では「IT経営フォーラム」という各地域の経営者に向けた地方講演に呼ばれる機会が多いです。日本全国を飛び回っているため、会議日以外は、ほとんど会社にはいないですね。


これからのキャリアビジョンを教えてください。
様々な業種業界に特化した経営コンサルタントを抱える船井総研でも、まだまだ未開拓の分野が残っています。BtoB向けの業界はこれから伸びてくる分野だと思います。今はIT企業コンサルティングチームですが、OAなど含めたIT周りも拡大してチームからグループへ、さらに部へと、組織を拡大していきたいです。
業界での認知度はまだまだ低いため、『IT業界でコンサルタントと言えば、船井総研』となるよう高めていきたいと思います。そして、我々の提案でIT業界を変えたい、業界にインパクトを残したいと思っていますし、さらには日本を変えたいと本気で思っています。



その他の社員インタビューを見る