よくある質問

会社について

海外展開はされているのでしょうか?

基本的に船井総研のクライアントは国内企業がメインとなります。ただし、クライアントによってはグローバル戦略を提案し実行していく場合もございます。また中国の現地企業や中国に進出している日系企業に対しては、船井(上海)商務信息咨詢有限公司がコンサルティングサービスを実施しています。

コンサルティングサービスを提供しているクライアント先は何社くらいでしょうか?

100を超える様々な業種・テーマで6,000社以上の企業を相手にコンサルティングサービスを展開しています。また、経営研究会会員数は4,000名以上いらっしゃいます。

全社員のうち中途入社の社員はどれくらいの割合ですか?

全社員のうち約70%が新卒社員で、30%が中途社員となります。

女性の管理職はいますか?

役職に関してはチームリーダー職やグループマネージャー職などがありますが、各々のポジションに女性はいます。船井総研では役職の登用に際して男女の区別は一切しておりません。

社内にはサークル活動などはありますか?

下記のようなサークル活動を、自らメンバーを集めて実施しています。
『沖釣り倶楽部』『ゴルフ部』『テニス部』『フットサル部』『ネイル部』『カレー部』『将棋部』など

コンサルタントの生活はどのようなものですか?

忙しい時は非常に忙しい反面、月次支援やプロジェクトの合間などには比較的自分の時間がとりやすくなるの で、休暇をとってリフレッシュするなど、 各自プライベートの充実を図っています。
自立したコンサルタントは自分でスケジュールを決めることができる為、自ら立てた計画に合わせてスケジュールをマネジメントします。

出社時間はいつですか?

原則的に9時30分出社がルールになっております。しかし、コンサルティング職の場合は全国出張する場合がほとんどです。そのため、自身で決めたスケジュールやコンサルティング場所によっては、クライアン企業先に直行・直帰する場合もあります。

休暇はどれくらいありますか?

下記のコンテンツをご参照ください。
≫ 経営コンサルタント支援制度

働く服装を教えてください。

お客様に失礼のないよう、TPOに合わせた服装を心がけて、各経営コンサルタントが自由に決めています。

福利厚生は何かありますか?

下記のコンテンツをご参照ください。
≫ 経営コンサルタント支援制度

キャリアパスについて教えてください。

下記のコンテンツをご覧ください。
≫ キャリアパスはコチラ


仕事に関して

実際のコンサルティング成功事例はありますか?

下記がコンサルティングの成功事例の一例となりますので、ご覧ください。
<主なコンサルティング成功事例>
※ 船井総合研究所オフィシャルサイトへ遷移します。

経営コンサルティング契約に至るまでの経緯は、どのようなものでしょうか?

業界内の成功事例とその手法・ノウハウをセミナーで伝え、それを実施したい企業様にご依頼していただいております。すぐにコンサルティングサービスを依頼することが不安な経営者様には、経営研究会をご利用していただいております。

役職はどのように決まるのでしょうか?

要件に当てはまれば、その要件に当てはまる役職に就くことができます。
詳しくは下記をご参照ください。
≫ 船井総研のキャリアパスはコチラ

経営コンサルタントとしての専門性を持つまでの経緯はどのようなものでしょうか?

採用の時点でご自身の希望する部署を決定していただき、選考を進めます。選考の中で面接官のコンサルタントとどのような専門性を身につけていくかを決めます。
入社後は最終選考を通過した部署に所属しますので、ご自身で決めた専門性を身に付けていくことができます。

実際のコンサルティングは、どのように進みますか?

船井総研の月次支援コンサルティングの場合は、業界やテーマによって大きく異なります。
キックオフミーティングにてクライアント分析・競合分析・顧客分析結果を提示し、クライアントの主な課題を特定します。
その後は毎月訪問して課題を解決するためのPDCAを回しながら、経営状況を最適化するためにマーケティングや人材採用・育成・マネジメントを随時実施していきます。

月次支援コンサルティングは、原則月1回でクライアント企業に訪問する形式のため、上記以外にもクライアントの課題をリアルタイムに解決することが求められます。

他チームとの連携はありますか?

自身の業種・テーマの専門領域が必要とされて、経営戦略事業部や他のチームの月次支援コンサルティングやプロジェクトにアサインされることがあります。
たとえば専門領域として調剤薬局の新卒・採用領域が最も得意分野であれば、社会福祉法人が営む保育園の保育士の採用プロジェクトにアサインされることがあります。また、弁護士事務所のWEBマーケティングを専門領域でやっている経営コンサルタントは医療法人のWEBプロジェクトにアサインされることもあります。

一般的なプロジェクトの形態を教えてください。

プロジェクトとは経営に関する設計図づくりです。通常1ヶ月~2ヶ月の期間で外部環境・内部環境を診断、また社内外からも有用な情報やデータを掛け合わせ、アクションプランを策定します。アウトプットの内容は「報告書」の提出と、その報告書を囲んだクライアント側と船井総研側の質疑応答やメンバーの意思統一を図る「報告会」の実施です。

アサインされるメンバーは基本的には自身が所属する部署のメンバーになりますが、他チームのプロジェクトにアサインされる場合もあります。人数は3名~6名が一般的でそれぞれ仕事を分担して進めていきます。
詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。
≫ プロジェクト

複数の月次支援やプロジェクトに同時にアサインされることはあるのでしょうか?

船井総研が月次支援をすることがメインですが、複数のプロジェクトを進めることも本人の能力によっては可能です。実際に月次支援を何件も持ちながら、複数のプロジェクトを回し、セミナー・経営研究会の開催、情報発信までこなしている経営コンサルタントもいます。

担当する月次支援コンサルティングやプロジェクトはどのように決められるのでしょうか?

自身が専門領域とする業界・テーマの仕事が大半ですが、本人の希望やプロジェクトのアサイン状況を考慮して決まられます。

特定の業界やテーマを専門的に手がけることは可能ですか?

可能です。キャリア採用の場合は採用時に担当する業界やテーマを決めることがほとんどですが、本人の希望や能力によっては他部署に異動するケースもあります。

どのような業種/テーマを扱っていますか?

船井総研では、100以上の業種やテーマを扱っています。
次のステージを求めるあなたが実務経験を積まれた業種・テーマも扱っております。
詳しくは下記をご覧ください。
≫ 会社概要はコチラ

経営戦略事業部と他の業種別経営コンサルタントがどのような違いがありますか?

クライアントの規模によって異なります。
経営戦略事業部の業務内容は、調査・リサーチ、マーケティング・販促、販路開拓、店舗開発・売場づくり、ロジスティクス、グローバル化・海外戦略、ビジネスモデル構築・新規参入、IT・業務改善、EC・通販、財務・IPO・M&A・事業再生、採用・人事・社員教育などになります。

ノウハウの共有はどのようにして行っていますか?

ノウハウを共有する方法は大きくわけて2つあります。
ひとつは『テーマ別勉強会』、もうひとつは『メール日報』です。
『テーマ別勉強会』は毎月もしくは隔月に1回開催され、勉強会の趣旨に沿ったノウハウの共有を行います。

『メール日報』は経営コンサルタントが自身の所属する本部(東京経営支援本部・大阪経営支援本部)のメンバー全員に対して送るメール日報のことです。
この日報には様々な機能がありますが、コンサルタント自身がその日に発見した成果の出る法則(ルール)や月次支援先であった出来事、不明点などを共有して、上長や他の業種・テーマの専門家からフィードバックやアドバイスをもらうことができます。

経営コンサルタントは深夜まで仕事をしているって本当ですか?

プロジェクトの報告会前日やアウトプットの納期直前は忙しくなりますが、仕事が速く自分でタイムマネジメントできる自立したコンサルタントであれば、遅くとも20時頃までには帰宅しています。

一日の業務内容を教えてください。

詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。
≫ 経営コンサルタントのスケジュール


制度に関して

経営コンサルティング業界は『Up or Out』と聞きますが本当でしょうか?

船井総研には『Up or Out』や『歩合給制度』、『成果主義』といった文化・制度はありません。
また、船井総研では創業以来、本人の業績や会社の都合などで社員を解雇したことはありません。

入社後の研修や教育制度はどのようなものがありますか?

座学よりも実践をベースにした教育手法を行っている為、基本的にはOJTで教育を行います。チームリーダーやグループマネージャーの月次支援コンサルティングに同行し、経営コンサルティングのやり方を学び、必要なスキルを習得していきます。
他にも社内の研修や外部セミナーに参加したり、各経営コンサルタントが主催しているテーマ別勉強会に参加することでスキルやマインドを向上させていくことができます。

入社後の配属や人事異動は、どのように決められるのでしょうか?

中途採用の入社後の配属は、採用の時点で決められます。船井総研は『部署別採用制』を採用しており、該当部署に採用ニーズがあればその部署がイニシアティブをもって採用活動を行い、採用ニーズが無ければ採用活動は行いません。キャリア採用セミナーに参加するチームが採用ニーズのある部署なので、ぜひご覧ください。
≫ キャリア採用セミナーのご案内はコチラ

人事異動に関しては、比較的柔軟に行っています。異動先に関しては本人の希望に合わせつつ、本人の能力が最大限発揮されるように調整しています。

勤務地はどこになりますか?

勤務地は東京・大阪の2拠点がありますが、そのどちらが勤務地になるかは配属する部署によってことなります。
一方の勤務地しかない部署もあれば、両方の勤務地がある部署もありますので、キャリア採用セミナー参加時や選考の際にご確認ください。
また、稀に本人の希望等によって人事異動の際に勤務地が変更となる場合もあります。


採用に関して

キャリア採用サイトに記載のない職種の採用はありますか。

経営コンサルタント職以外の職種でも、人財開発部門、事業開発部門、経営管理部門、総務部門、システム部門などの職種がありますので、ご興味があればお問い合わせください。
※採用を行っていない場合もございますので、予めご了承ください。

年齢、学歴、性別などの応募に際しての応募制限について教えてください。

ご応募の際の年齢、学歴、性別の応募制限は設けておりません。

外国籍でも応募可能でしょうか?

可能です。船井総研では国籍を問わず採用しております。

第二新卒の中途採用はしていますか?

中途枠での第二新卒採用を実施しております。第二新卒の方も実際に中途枠で応募していただいて、入社までいたっておりますので、第二新卒以外の方との違いはございません。

未経験(または異業種)でも応募は可能ですか?

可能です。船井総研の中途で入社した社員は他業界出身の方が多くいらっしゃいます。
中途採用でお迎えする方は、マインド採用では実務経験を通じて養われた強靭なマインドを活かしていただき、スペック採用では実務経験を通じた実践的なスキルを発揮していただける方を前提としております。

特別な技術や資格(MBA、中小企業診断士など)は必要でしょうか?

特に必要はございません。ただし、資格によっては業務遂行上で有益になることから、資格手当てなどで優遇させていただきます。

どのような職歴の人が入社しているのでしょうか?

船井総研には多様なバックグラウンド、考え方、違うタイプの人達が集まっています。
たとえば、下記のような経験者が実際にキャリア採用に応募し、活躍しています。

  • ・大手メーカーで事業企画、営業企画を行っていた方
  • ・中小企業&ベンチャー企業で事業部門や営業部門の責任を担っていた方
  • ・BtoB企業の実務経験があって、クライアントの経営まで入り込みたくなった方
  • ・もっと優秀な人が沢山いる環境で働きたい方
  • ・他のコンサルティング会社でコンサルティング基礎力を身につけている、既に活躍していた方
  • ・営業として業種問わず、圧倒的な高業績を出し続けていた方
  • ・経営コンサルタントの仕事の一部にもなる専門的な業務(調査、分析、計画立案、シミュレーション等)を行っていた方
過去に応募したことがあるのですが、再応募は可能でしょうか?

再応募は可能です。ただし、応募部署・応募職種が異なる場合や、前回の応募から期間が経過し新たなご経験・スキルを身につけられた場合に限ります。

過去に就業経験がありますが、現在は大学院に在学中です。キャリア採用としての応募になるのですか?

はい。キャリア採用としての扱いになりますので、こちらのキャリア採用サイトからご応募ください。

応募フォーム以外の方法での応募は可能ですか。

ご応募は、こちらのキャリア採用サイトよりご応募ください。詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。
≫ 選考プロセスと重視するポイント

募集の締切はありますか。

キャリア採用セミナーに関しては、開催日がありますので、募集の締切を設けております。日程に関してはキャリア採用セミナーのご案内に掲載しておりますので、そちらをご覧ください。
その他の個別部署選考(オープンポジション・経営戦略事業部・医療経営コンサルタント職など)に関しましては、通年採用をしておりますので募集の締切はありません。

応募するにはどうすればよいですか?

こちらのフォームよりご応募ください。

応募の確認や問い合わせは、どこにすればよいですか?

ご応募いただいた後は、下記のメールアドレスより確認のメールがございます。
万が一確認のメールがない場合は、お手数ですが、下記の連絡先よりお問い合わせください。
【担当】
株式会社船井総合研究所 人財開発本部 キャリア採用チーム
TEL:03-6212-2929 / 06-6232-0191
E-mail : recruit-t@funaisoken.co.jp

選考方法はどのようなものがありますか?

詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。
≫ 選考プロセスと重視するポイント

選考にあたって、どのような能力などを重視しているのでしょうか?

下記にコンテンツを用意しておりますので、ご覧ください。
≫ 選考プロセスと重視するポイント

面接ではどのようなことを質問されますか?

主にご自身のこれまでの経験やスキル、知識などをお伺いした後、船井総研でどのような仕事をやってみたいと考えているかなどの確認をさせていただきます。

選考期間を教えてください。

選考期間は、通常2週間~1ヶ月程度をいただいております。選考内容の詳細に関しては下記のコンテンツをご覧ください。
≫ 選考プロセスと重視するポイント

面接日程の決め方と面接可能な時間について教えてください。

面接日程は基本的には応募者の方の希望日程と面接官(経営コンサルタント)のスケジュールを調整して決定いたします。面接時間は1時間以内で、時間帯は両者の調整のつく時間での面接になります。

合否連絡にはどれくらい時間がかかりますか?

通常であれば面接の合否は1~2日以内にご連絡いたします。キャリア採用セミナーもしくは個別部署選考から規定の選考プロセスを経て、約1週間~1ヶ月以内に最終結果が出るとお考えください。詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。

入社時期はいつでしょうか?

入社時期は基本的には応募者様のご相談に応じます。基本的には最終面接が終了後に面談を行い、出社日を確定します。

入社したらどのように仕事を開始しますか?

まずは始めて出社した日に、所属するチームのリーダーと今後の直近の動きや計画などを決めるためのミーティングを実施します。その後は、各チームリーダーやグループマネージャーの月次支援コンサルティングやプロジェクトの打ち合わせに同行し、スキルを磨いていきます。

試用期間はありますか。

本人・会社双方で見極める期間として、入社日より3ヶ月間の試用期間を設けています。

中途入社のハンディはあるのでしょうか?

特にございません。むしろ船井総研には経営からマーケティング、人材材用・マネジメントなど幅広いジャンルの仕事がありますので、ご自身の実務経験を最大限に活かすことができます。

入社後の待遇に関して、教えてください。

ご自身の実務経験、スキルを考慮し、優遇いたします。

応募書類(履歴書、職務経歴書)の返却および個人情報の取り扱いについて教えてください。

ご応募の際にご提出いただいた履歴書、職務経歴書および作品(データ、紙)等の個人情報については、返却いたしかねますので、予めご了承ください。詳しくは下記のコンテンツをご覧ください。
≫ プライバシーポリシーはコチラ
※ 船井総合研究所オフィシャルサイトへ遷移します。


キャリア採用セミナーについて

キャリア採用セミナーとは何でしょうか?

『経営コンサルタント志望者が、自身のスキルを活かせる部署を探す場所』です。
船井総研の採用では、部署別採用を実施しております。小さな会社が船井総研にいくつもあると考えていただけば、ご理解をいただけると思います。
各部署に所属する管理職は、自身の力で社内外から『求める人財』を集め、クライアントの業績を向上させ、業界へアプローチします。

キャリア採用セミナーは、採用ニーズのある部署のメンバーが参加し、キャリア採用セミナーの場で多くの応募者の方と対話し、マッチングすればオファーを出させていただきます。

船井総研への転職を本気で考えているわけではありませんが、応募しても問題ないでしょうか?

特に問題ありません。実際に雰囲気を感じなければ気持ちも盛り上がりませんので、船井総研の経営コンサルタントを見に来ていただければと思います。船井総研は、全ての方に対して真剣に接します。

キャリア採用セミナーのスケジュールはどこで確認できますか?

詳しくは下記のページをご覧ください。
≫ キャリア採用セミナーのご案内はコチラ

キャリア採用セミナーの追加開催はありますか?

原則的に月1回(東京・大阪で1回ずつ)の開催になります。変更がある場合は、その旨を告知いたしますので、下記のページより日程をご確認ください。
≫ キャリア採用セミナーのご案内はコチラ