働く環境を知る

最もプライオリティの高い経営課題の一つとして、現在、「働きがいのある環境づくり」に取り組んでいます。「この会社に入ってよかった」 ― 社員全員がそう言い合えるような会社になることを目指しています。