キャリアパス

船井総研では、まず特定の業界・テーマを扱うチームのメンバーになり、 
経営コンサルタントの考え方やスキルを身に付けつつ、 
チームリーダーになることを目指します。

入社後、早いコンサルタントであれば、およそ3年でチームリーダーの条件に到達し、自身が専門とする分野を深耕するメンバーを自分で社内外から集めます。

チームリーダーになった後は業界に対する新たなソリューションを開発したり、 
船井総研自体の経営に携わることで、自身のキャリアプランを実現していきます。

  • 一般一般
  • チームリーダーチームリーダー
  • グループマネージャーグループマネージャー
  • 部長部長
  • 役員役員

一般

第二新卒の方の場合

『超越したマインドを最大限に活かし、経営コンサルタントを目指す』
入社後は、チームリーダーやグループマネージャーの月次支援に同行し、経営課題に対する洞察力、問題解決に必要なスキルを学んでいきます。
同行者としてクライアントの成果を向上させて成功事例を作ることで、業界のクライアントより経営コンサルティングを依頼されるようになります。


十分な実務経験を持っている方の場合

『卓越したスキル・知識をソリューション化し、経営コンサルタントを目指す』
これまでの実務経験で身に付けたスキルをソリューション化し、チームリーダーやグループマネージャーの月次支援先に対して提案します。 成果が出始めた後、徐々に業界全体に対して提案することで業界を変革していきます。
同時に船井総研が既に提案しているソリューションや経営コンサルタント特有の考え方・超越したマインドを身に付けて総合力を養います。

2~5年チームリーダー

チームリーダーの要件

『他の経営コンサルタントの模範的存在であること』

  • スキル・知識・人間性などが突出していること
  • 業界やテーマに精通しており、クライアント企業の業績をさせることができること
  • 複数名のチームメンバーをマネジメントすることができること

チームリーダーの役割

『クライアント企業が成長する課題解決を行う』

  • チームメンバーを育成し、チームリーダーとしての器を得られるようにサポートする。
  • 卓越したスキルと超越したマインドにより、クライアント企業を成長させ続ける。
  • 業界や企業に対するソリューションを深耕し、経営研究会のコンテンツの品質を向上させる。

5~10年グループマネージャー

グループマネージャーの要件

『業界やテーマに精通し、業界全体にアプローチできる』

  • 業界・テーマにおける第一人者であり、知識・経験・スキルともに突出していること
  • クライアント企業の経営者・役員の育成ができること
  • 複数のチームのマネジメントができること

グループマネージャーの役割

『業界全体が成長するソリューションを開発し、チームリーダーをサポートする』

  • 業界やテーマの第一人者となれるように、チームリーダーを育成する。
  • 業界やテーマ内に新たなソリューションを創る。
  • 新たな人財を採用する際に、面接官の役割を担う。
  • グループ内の人事を部長と調整しながら、経営コンサルタントの生産性を最大化させる。

10年~部長

役員