月次支援

船井総研のコンサルティングをメニュー的に形式上で説明すると、月次支援・プロジェクト・研究会・セミナーとなります。

月次支援は売上構成比にして70%以上、 
船井総研の絶対的な主力商品であり、生命線と言えます。


月次支援の醍醐味は、現場で、クライアントと一緒に創っていくことです。業界に向けた業態提案であったとしても、そこからその会社の特徴をベースにオリジナリティを生かしながら創りこんでいきます。これが他社にはないできない船井総研らしいコンサルティングです。

月次支援に終わりはありません。月次支援はクライアントに望まれれば半永久的に続きます。コンサルタントは、月次支援先と一生付き合い続けることもできます。


月次支援において、コンサルタントは、

  • 常に業績アップを提案し続けなければならない。
  • 提案した業績アップを実行しなければならない。
  • 経営者を鼓舞し、従業員を鼓舞し続けなければならない。
  • 会社と会社の業績を、何があっても守り抜かなければならない。
  • 経営者を、社員を、幸せにしなければならない。


月次支援の業績アップ率は、コンサルタントの実力と誠実さを示すバロメーターです。成果を出すことが求められていますので、プレッシャーも多いです。クライアント先の社員化するぐらいに一緒に現場で動くことが必要なことも多いです。

ただ、業績が上がり、クライアントに感謝されることは、コンサルタントとしては最大の喜びでもあり、やりがいを感じられるものでもあります。