プロジェクト

船井流コンサルティングの主力は月次支援ですが、プロジェクトも極めて重要な商品です。

プロジェクトとは、受注者がリーダーとなり、複数のメンバーで一気に業績アップのためのビジネスモデルや仕組みづくりをするものです。

アウトプットとして報告書作りをするケースが多いですが、この報告書作成は船井総研の若手コンサルタントの成長機会としても大変重要な役割を占めています。

報告書


報告書は、あくまでクライアント企業が改革や新しいことにチャレンジし、短期間で成果を出すためのツールであって、報告書作りが目的ではございません。稀にこの認識がずれた報告書をつくる若手社員がおりますが、クライアントの意向や受注者の意向を十分理解せずに、自己満足的な報告書をつくってしまいます。どんな分厚い報告書を何日にもわたって作成しても、この認識がずれた報告書は全く価値がありません。


チラシ・マニュアル


報告書と言いながら、船井総研の報告書には、明日からスグに使える、DMやチラシ、MD表、マニュアルといった実践ツールが大量に盛り込まれています

分析や結論に至った背景をたらたら説明するものではなく、自社で一から始めたら、1年以上かかる実践のための手引きやツールを短期間に構築して、成果への時間を短縮し、成功確率を圧倒的に上げることを目的としています。